忍者ブログ
お金を稼いで起業する足がかりを掴むブログです!!いろんなツールを使って大器晩成!!
[620] [624] [617] [625] [619] [612] [602] [604] [607] [600] [603]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アイデアのちからアイデアのちから
チップ・ハース /ダン・ハース
日経BP社 刊
発売日 2008-11-06



人の心に残り、人を行動にかりたてるアイデアのちから、とは? 2009-04-18
大変面白い本です。楽しみながらいつの間にか読んでしまうともいえます。


「それ」を、見た、聞いた、読んだという不特定多数、もしくは特定の

人々の「記憶に残る」というメカニズムを掘り下げ、

一度聞いたら決して忘れないメッセージ、人を行動に駆り立てるような

言葉についての法則を明らかにしています。


そして、その原理がふるっている。


(1)単純明快である(Simple)

(2)意外性がある(Unexpected)

(3)具体的である(Concrete)

(4)信頼性がある(Credible)

(5)感情に訴える(Emotional)

(6)物語性(Story)


頭文字をつなげてSUCCESs(サクセス)の法則と呼ぶ。うますぎる。

やられた、と思う。


これで、人の心に残り行動に駆り立てる原理自体が、人の心に残ると

いう、マジックのような魔術。読者は、著者たちの思う壺に入り、ある種の

快感にも似た疑似体験を味わうことになります。


この原理だけなら、翻訳本で360ページ近くのボリウムにはならない。

本書の真骨頂は、話のうまさにあります。冒頭からたまげるのは、

「都市伝説」から始まるところ。ここで、最初から読者は、本書の展開と

人の心やうわさのメカニズム、果ては、人類を月に到達させる力や、

ソニーのラジオを成功させるだけの「人を動かす」話のパワーを目の当たり

にして、どんどんのめりこんで行くことになります。


ちょっとした話のネタやたとえ話をふんだんに散りばめて、終いには、

そのエッセンスを、SUCCESSとは、これはできすぎておもしろ過ぎるトリック

の本でもあります。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードリンク
カテゴリー
ブログ内検索
最古記事
(12/22)
(12/22)
(12/22)
(12/22)
(12/22)
(12/22)
(12/22)
(12/22)
(12/22)
(12/22)
プロフィール
HN:
大器晩成
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
モチベーションを維持する事を
常に考えています

何らかのきっかけが自分を
変えてくれるものがきっとある

私は信じています!!

*迷わず前に1歩進んでみましょう!!
バーコード
スポンサードリンク
フリーエリア
スポンサードリンク